261-090_山國神社

比定社:山國神社

式内社コード:261-090
神名帳社名:山国神社、ヤマクニノ
社格:小
所在地:601-0323 京都府京都市右京区京北鳥居町宮ノ元1
plus code:5MF4+55 京都市、京都府
※Google Mapで上記の Plus codeを検索すると表示されます。

アプローチ&ロケーション

大堰川の西岸の川べりの平地に鎮座。
国道477号線からは石灯籠と社標があるのですぐに分かる、立派な参道が250メートル続く。
この地域の大堰川は川幅が狭く洪水の恐れは少なかったのだろうと想像できる。
由緒書によると
当地より平安遷都の際に大内裏造営のための木材を提供したことで本殿が作られた。
源平の乱(天福年間に再建)や元弘の乱で社殿が破却され応永年間に再建された際に足利義満より丸に二引の紋を贈られた。
その後慶長年間に再建された。
とある。
駐車場完備。

ハイライト

用材を調達したという役割と立地。
素晴らしい拝殿の天井。

写真

山國神社を正面から望む。訪ねたのは1月6日だったので門松が飾られている。
山國神社を正面から望む。訪ねたのは1月6日だったので門松が飾られている。
右側(南)を望む。当地は谷筋となっていて神社裏に大堰川が流れており筏流しにはもってこいの立地。クルマは南側に駐車場がある。
右側(南)を望む。当地は谷筋となっていて神社裏に大堰川が流れており筏流しにはもってこいの立地。クルマは南側に駐車場がある。
正面(西)を望む。国道477号線まで参道が250メートル続く。
正面(西)を望む。国道477号線まで参道が250メートル続く。
左側(北)を望む。周辺はほぼ田畑。
左側(北)を望む。周辺はほぼ田畑。
鳥居をくぐり拝殿を望む。たくさんの建物がある。社域はきれいにしてあり気持ちよく参拝できる。丸に二引のご神紋が屋根に大きく表わされている。
鳥居をくぐり拝殿を望む。たくさんの建物がある。社域はきれいにしてあり気持ちよく参拝できる。丸に二引のご神紋が屋根に大きく表わされている。
手水舎。
手水舎。
神社謹製の由緒書。
神社謹製の由緒書。
神社謹製の由緒書。こちらのほうが詳しい。
神社謹製の由緒書。こちらのほうが詳しい。
拝殿を正面から望む。非常に立派な作り。
拝殿を正面から望む。非常に立派な作り。
拝殿内部の天井。素晴らしい天井だ。
拝殿内部の天井。素晴らしい天井だ。
拝殿から本殿へは屋根がついている。
拝殿から本殿へは屋根がついている。
本殿は慶長年間に再建されたもの。こちらも非常に立派で重厚な作り。
本殿は慶長年間に再建されたもの。こちらも非常に立派で重厚な作り。
本殿を右から望む。かなり大きいことが分かる。
本殿を右から望む。かなり大きいことが分かる。
拝殿を左側から望む。背後には大堰川が流れている。
拝殿を左側から望む。背後には大堰川が流れている。
拝殿より鳥居を望む。国道477号線までまっすぐに続く参道は250メートルほどある。
拝殿より鳥居を望む。国道477号線までまっすぐに続く参道は250メートルほどある。
昭和初期の相撲の大会の結果。現在は土俵は見当たらなかった。
昭和初期の相撲の大会の結果。現在は土俵は見当たらなかった。

感想

由緒書によるとご祭神は大己貴命で創建は宝亀年間とある。
平安京の大内裏造営のための木材を提供したことに始まり、その後ご用材の調達を担った神社であり、その保護も厚かったのだろうと想像できる。
そうだからこそ大堰川のほとりに鎮座するということも理解できる。
現在の社殿は慶長年間に再建で非常に立派なもの、特に拝殿は天井が素晴らしい。
残念ながら本殿はあまり良く見えない。
社域はきれいにしてあり気持ちよく参拝できる。

注意点

特になし。

訪問ノート

訪問日:2019/1/6
交通手段:クルマで訪問
カメラ:RX100M3

各種式内社データへのリンク

御祭神等の詳細データは以下をご参照ください。

式内社データベースのダウンロードはこちらから

式内社一覧表はこちらから

式内社地図データのダウンロードはこちらから