261-070_(参)宗神社

比定社:(参)宗神社

式内社コード:261-070
神名帳社名 :三県神社、ミアカタノ
社    格:小
所 在 地 :629-0132 京都府南丹市八木町屋賀南永寿
Plus Code  :3H93+C7 南丹市、京都府
※Google Mapで上記の Plus code を検索すると所在地が表示されます。

アプローチ&ロケーション

八木町屋賀の集落の平坦地に鎮座。
京都府道25号亀岡園部線からは何も目印がないので見つけるのが難しい神社。
鳥居は北向きでそこから南へ伸びる参道がある、近隣に溶け込んでいてミニチュアみたいだ。
周辺は田畑と人家となっている。
社殿は北向きで舞殿と本殿のみの構成となっている。
駐車場はないので注意。

訪問しやすさ指数

管理人の独断による訪問しやすさの点数を付けてみました。
管理人の独断による4つの観点、秘境度・交通の至便さ・徒歩でのアプローチ状況・探索の必要性、を点数化しました。
各点数が低ければ容易、高ければ難易度が高くなります。
式内社訪問の際の参考にしていただければ幸いです。

【秘境2】社域がどのような所なのか
5:秘境度MAX、深山幽谷で野生動物に注意レベル
4:秘境度はかなりのモノ、近くに人間がいないレベル
3:かなり自然の中の神社、時々人を見るレベル
2:近くに集落があり、子供が遊んでいるレベル
1:都会の神社、誰もがフラッと入れるレベル

【交通2】交通機関の状況
5:クルマのみ、4WD車等の特殊なクルマでしか行けない険しい場所
4:クルマのみ、普通のクルマで大丈夫だが林道等の条件の厳しい道路
3:クルマのみ、普通のクルマで普通に行ける
2:電車・バス等の公共交通機関はあるが制約が多くクルマのほうがベター
1:電車・バス等の公共交通機関で容易に行ける

【徒歩1】徒歩区間の長さと難易度
5:片道30分以上歩く、坂がきつい、やぶこき必要レベル
4:歩きは20分以内、がっつりトレッキング、危険箇所あり
3:歩きは15分以内、坂や石段があって軽くトレッキング、所によっては滑りやすいとかあり
2:歩きは10分以内、トレッキング要素ありだが容易
1:歩きは5分以内、容易

【探索4】発見難易度
5:何回も訪問しないと分からないレベル
4:周辺をかなり歩き回らないと分からないレベル
3:少々見つけにくいが見つけることができるレベル
2:目印があって比較的容易に見つけることができるレベル
1:目立つのですぐ見つかるレベル

ハイライト

周囲に溶け込んだ社域。

写真

宗神社を正面から望む。鳥居自体は北向きで細長い参道が田畑と人家の間に伸びている。ミニチュアのようなかわいい参道だ。
宗神社を正面から望む。鳥居自体は北向きで細長い参道が田畑と人家の間に伸びている。ミニチュアのようなかわいい参道だ。
鳥居をくぐり参道を進むと舞殿がある。
鳥居をくぐり参道を進むと舞殿がある。
社殿は舞殿と本殿のみの構成。社域は狭い。
社殿は舞殿と本殿のみの構成。社域は狭い。
本殿を望む。石灯籠には宗社大明神とある。
本殿を望む。石灯籠には宗社大明神とある。
舞殿より鳥居を望む。すぐ横に人家や田畑があり、近隣との距離が近い。
舞殿より鳥居を望む。すぐ横に人家や田畑があり、近隣との距離が近い。

感想

由緒書がないので詳細は不明。

「延喜式神社の調査」によると以下のデータが残る。
由緒不詳。
寛永15年(1638年)造営。
延享5年(1748年)屋根葺替。

延喜式神名帳「三県神社」ではないかとされている神社。
社域はこじんまりとしているが手入れされている、
北側の鳥居をくぐると田畑と人家の間を細い参道が続く、その先には舞殿と本殿がありシンプル。
本殿前の石灯籠には宗社大明神とある。
社域は小さいがきれいに保たれていて気持ちが良い。

訪問ノート

訪問日:2018/3/4
交通手段:クルマで訪問
カメラ:DMC-TZ60

各種式内社データへのリンク

御祭神等の詳細データは以下をご参照ください。

式内社データベースのダウンロードはこちらから

式内社一覧表はこちらから

式内社地図データのダウンロードはこちらから