264-110_兵主神社

比定社:兵主神社

式内社コード:264-110
神名帳社名:兵主神社
社格:小
所在地:669-4141 兵庫県丹波市春日町黒井2956
plus code:53HW+2F 丹波市、兵庫県
※Google Mapで上記の Plus codeを検索すると表示されます。

アプローチ&ロケーション

ひょうずじんじゃと読む。
黒井集落の北の端の山裾に鎮座。
兵庫県道285号賀茂春日線に面しており、かつては氷上と春日を結ぶ街道筋だったようだ。
兵庫県道285号賀茂春日線に神社の入口があり100メートルほどの石畳の参道が続く。
周囲は人家と山林、東側に兵庫県立氷上高等学校、さらに東に最近脚光を浴びている黒井城址がある。
大きな社域で最奥に磐座と水神(龍神)が鎮座する。
駐車場は兵庫県立氷上高等学校の正門前から入ったところにあり4-5台ほど駐車可能。

ハイライト

巨木が多く非常に雰囲気が良く広い社域。
本殿後方の磐座。

写真

兵主神社の入口を正面から望む。一の鳥居からは石畳の参道が100メートルほど続く。前の道は兵庫県道285号賀茂春日線でかつては氷上と春日を結ぶ街道筋だったようだ。
兵主神社の入口を正面から望む。一の鳥居からは石畳の参道が100メートルほど続く。前の道は兵庫県道285号賀茂春日線でかつては氷上と春日を結ぶ街道筋だったようだ。
社標には延喜式内、縣社とある。
社標には延喜式内、縣社とある。
環境省・兵庫県謹製の社叢の説明書き。社叢は巨木が多く兵庫県指定環境緑地保全区域となっている。
環境省・兵庫県謹製の社叢の説明書き。社叢は巨木が多く兵庫県指定環境緑地保全区域となっている。
一の鳥居を望む。石畳の参道が100メートルほど続く。右に見えるのは兵庫県立氷上高等学校。
一の鳥居を望む。石畳の参道が100メートルほど続く。右に見えるのは兵庫県立氷上高等学校。
一の鳥居をくぐり参道を進むと二の鳥居。両部鳥居になっており左右の巨木が素晴らしい。
一の鳥居をくぐり参道を進むと二の鳥居。両部鳥居になっており左右の巨木が素晴らしい。
神社謹製の由緒書。御祭神は大名持大神(大国主大神)、少名持大神、天香山大神、恵比寿大神。聖武天平十八年(七四六年)に兵庫の守護神として鎮祭されたとある。
神社謹製の由緒書。御祭神は大名持大神(大国主大神)、少名持大神、天香山大神、恵比寿大神。聖武天平十八年(七四六年)に兵庫の守護神として鎮祭されたとある。
神社謹製の境内案内図。周りの社叢を含み大きな社域となっている。
神社謹製の境内案内図。周りの社叢を含み大きな社域となっている。
手水舎。
手水舎。
二の鳥居をくぐると参道が続く。右手には摂社末社、左手には社務所がある。
二の鳥居をくぐると参道が続く。右手には摂社末社、左手には社務所がある。
社務所。
社務所。
いたるところに巨木があり素晴らしい環境。
いたるところに巨木があり素晴らしい環境。
拝殿を正面より望む。
拝殿を正面より望む。
両脇の柱を抜けると広場があり正面に拝殿がある。
両脇の柱を抜けると広場があり正面に拝殿がある。
広場の右手には神輿を保管する建物がある。駐車場はこの建物の裏側にある。
広場の右手には神輿を保管する建物がある。駐車場はこの建物の裏側にある。
広場の左手には参集殿のような建物と台風で倒れた樹齢600年の杉の一部が保管されている建物があり大切にされている。
広場の左手には参集殿のような建物と台風で倒れた樹齢600年の杉の一部が保管されている建物があり大切にされている。
拝殿を正面よりの望む。拝殿自体は最近の建物のようだ。
拝殿を正面よりの望む。拝殿自体は最近の建物のようだ。
拝殿内部を望む。
拝殿内部を望む。
拝殿内部はきれいに保たれている。
拝殿内部はきれいに保たれている。
本殿を右側から望む。拝殿との間に幣殿があるようだ。巨木へ伸びているワイヤーロープは嵐が来ても木が倒れないようにするためのようだ。
本殿を右側から望む。拝殿との間に幣殿があるようだ。巨木へ伸びているワイヤーロープは嵐が来ても木が倒れないようにするためのようだ。
本殿を右側より望む。彫り物組物が施されているのが分かる。
本殿を右側より望む。彫り物組物が施されているのが分かる。
本殿を垣越しに望む。かなり大きく豪華な本殿。状態も良いみたいだ。
本殿を垣越しに望む。かなり大きく豪華な本殿。状態も良いみたいだ。
本殿を右側より望む。神紋は左三つ巴。
本殿を右側より望む。神紋は左三つ巴。
本殿を左側より望む。本殿は土塀で囲まれており近づけないのが残念。
本殿を左側より望む。本殿は土塀で囲まれており近づけないのが残念。
本殿の左奥に磐座への入口がある。社叢が濃い。
本殿の左奥に磐座への入口がある。社叢が濃い。
磐座の前に拝殿がしつらえてある。
磐座の前に拝殿がしつらえてある。
磐座を右側より望む。一部しか地表に出ていないと思われ、木が共生している。
磐座を右側より望む。一部しか地表に出ていないと思われ、木が共生している。
磐座を左側から望む。苔むして非常に良い雰囲気。
磐座を左側から望む。苔むして非常に良い雰囲気。
拝殿より二の鳥居を望む。参道は二の鳥居より少し右へ曲がっている。
拝殿より二の鳥居を望む。参道は二の鳥居より少し右へ曲がっている。
参集殿のような建物内部に奉納された様々なものが展示されている。
参集殿のような建物内部に奉納された様々なものが展示されている。

感想

由緒書によると

御祭神
大名持大神(大国主大神)
少名持大神
天香山大神
恵比寿大神

兵主神社は聖武天平十八年(七四六年)に兵庫の守護神として鎮祭され、延喜式内社として御祭神大名持大神(大国主大神)は少名持大神とともに病気平癒の守神医薬の神として健康長寿を守ってくださり、また金刀比羅大神として車の守護、交通安全の守神であり、恵比寿大神と共に商売繁盛福徳開運の神であります。
往古より公家・武家・丹波・但馬・播磨等をはじめ各地の崇敬厚く、特に戦国時代からは疱瘡の守護神として、主上御疱瘡の時または皇子御誕生の際には内侍曲より御代参があり、また近衛関白家は代々崇敬厚く、種々の献上物が今に神社宝物として保存されております。

とある

非常に良く手入れされている社域は気持ちの良いもの。
素晴らしい社叢は巨木が多く兵庫県指定環境緑地保全区域となっている。

社殿に関しての情報は無いが比較的新しいのではないだろうか、非常に良い状態に保たれている。
本殿後方に苔むした磐座がありこちらも必見だと思う。

注意点

特になし。

訪問ノート

訪問日:2018/10/14、2021/9/20
交通手段:クルマで訪問
カメラ:RX100、α7M3 + FE16-35mm F2.8 GM

各種式内社データへのリンク

御祭神等の詳細データは以下をご参照ください。

式内社データベースのダウンロードはこちらから

式内社一覧表はこちらから

式内社地図データのダウンロードはこちらから